バナー

iPhoneのセキュリティーにつて

iPhoneといえば、毎年新機種が出るたびにAppleストアや電気屋さんの前に行列ができます。すごい大人気です。

iPhone6sのスペックが有名になってきました。

日本人が使っているスマートフォンの半分がiPhoneです。
そのことを喜んでいるのはApple社だけではありません。

どういうことかというと、iPhoneの中にはたくさんの個人情報が入っています。

iPhone6Sの在庫情報を選びました。

例えば、クレジットカード情報やたくさんの人の電話番号や誕生日や住所といった個人情報があります。

それを盗んで悪いことをしようとを考えている人たちがいるのです。
どうやって盗むのかというと、個人情報を勝手に別のサーバーに転送してしまうようにプログラミングされたアプリなどを用います。


例えば、写真アプリなどを使用すると情報が勝手に抜き取られてしまうことがあります。

iPhone6sの価格情報を簡単に調べられます。

また、推測されそうなアカウントやパスワードを使っている人も要注意です。

自分の誕生日や電話番号や安易な文字列を使っている人はすぐに変えた方がいいです。推奨されるものとして、アルファベットの大文字や小文字や数字をごちゃまぜにしたのが良いみたいです。

また、パスワードは定期的に新しいものに変更する習慣を持つと良いです。SNSに自分の一日の出来事や最近はまっている場所など行動パターンを詳細に書くならば、自分の家が特定されて空き巣に入られたという事件がありましたので、あまり特定の場所や仕事先や自分が家にいない時間が分かりそうな個人情報は自分から発信しないように気をつけたいです。